ALTRULINE服用体験記

line1.gif

1998/6/2〜1998/7/26までの2ヶ月弱の間、ALTRULNEを飲み続け、精神面、肉体面の変化を綴ったALTRULNE服用体験記を掲載しています。
ALTRULINEというはファイザー製薬から発売されているのもので、同じくファイザー製薬が発売しているZOLOFTと同一成分(SERTRALINE)のものです。(なぜ薬品名が違うかは不明。知ってる方がいらしたら教えて下さい。)
ALTRULNEにはSERTRALINEの含有量が100mgのものと50mgものがありますが、今回購入したのは50mgのものです。
今後服用を考えている方の参考にして頂けると、僕の人体実験も無駄ではなかった、と自己満足に浸れます。(^^;;


1.ALTRULNEの服用方法

  • 最初の1日だけ1錠飲んだが、あまりにもテンションが上がり過ぎて疲れたので、2日目からは1錠を半分に割って飲んだ。

  • クスリの節約のために、基本的に土日は飲まないことにした。また、体調の悪い日も飲まないようにした。



2.ALTRULNE服用の総括

  • 結論としては、僕の体(脳?)にはPROZACよりもALTRULINEの方が確実に、よりナチュラルでマイルドに効いた。僕の好みとしては断然ALTRULINEだった。

  • 確かにテンションを上がり、多幸感を味わうことができたが、ずーっと調子が良いというわけではなく、数日毎に調子が良い時と悪い時が交互に繰り返した。調子が良い時はもう絶好調、無敵モードなのだが、その後にリバウンドが来て、だるくて何もしたくない気分に陥いることが多かった。

  • 全体を通して食欲不振、吐き気があった。また、疲れがピークに達すると微熱が出る傾向にあった。

  • ただしこの結果は僕個人の体質によるところも大きいと考えられ、クスリの効き方は人それぞれだと思います。



3.ALTRULNE服用体験記

6月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30



7月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT



1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


1日目(1998/6/9)
どうも最近気分が冴えないので、今度新しく購入した新型のSSRIであるALTRULINEを試してみることにする。PROZACが今一つだっただけにちょっと楽しみ。(^^)
今日1日の時間後との経過は次のようだった。

9:00 薬を飲む。
10:00 出社
11:00 めちゃくちゃ気分が悪くなる。強烈な吐き気を催す。
12:00 あまり食欲がない。
13:30 なんとなく体が火照ってきて、脳が働き出す感じがする。
16:00 すこしわくわくしてくる。
20:00 帰宅
21:00 なぜか無性に仕事がしたくなり(こんなことはこれまで一度もない)、持ち帰った仕事をする。
22:00 体がちょっと熱い感じがするので体温を測ってみると、37.3℃あった。でもそんなにつらいというわけではない。
24:00 就寝
いきなり一日目から効いてきたのでちょっと驚き!PROZACより全然早い。
効き方もPROZACとは全然違ってる。PROZACの場合は無理矢理テンションを上げさせられている感じがあって疲れたが、ALTRULINEはナチュラルでマイルド効いてくるので変な疲労感が残らなくて良い。(^o^)

2日目(1998/6/10)
昨日はなんか興奮して、なかなか寝付けなかった。時間が経つにつれて目が冴えていく感じで0:00に寝たのに、眠ったのは3:00くらいだった。
昨日はALTRULINEを1錠飲んだんだけど、ちょっと効き過ぎ、って感じで、またこのクスリは高価なので、今日から1錠を半分に割って飲むことにする。
今日は、自分的には平均以上のテンションを保っており、話題を提供しながら会話を楽しむこともできた。(こんなことは割と珍しい)
今日は問い合わせの仕事が多かったので、夕方になってどっと疲れが出てきて少し吐き気がする。ただ、夕食を摂るとまた元気が出てきた。
PROZACほどではないが、口から喉にかけて乾く傾向があるのが少し気になるところか。

3日目(1998/6/11)
今日は1日いい感じだった。(^^)
昨日から1日0.5錠飲むようになったのが功を奏したのか、ほどよいテンションの高さと安定した精神状態、そして落ち着きと余裕、これまで味わったことのない感覚だ。
PROZACの飲んでいた時に出てた副作用もほとんどなく、非常に快適!!

4日目(1998/6/12)
今日は今週一週間テンションを高く保ってたことによる精神的な疲れがどっとでてきた。(>_<)
なんか余裕がないもんで、会話にも実が入らずおざなり。仕事の打合せもどうにかこなす、といったところでガス欠気味。
でも仕事は忙しくて22:30までやって、やっと帰ることができた。
とにかく今日は精神的に疲れたので、めいっぱい寝て復活するぞ。(^^)/~

5日目(1998/6/13)
土曜、日曜はテンションを上げておく必要がないので、クスリは飲まないことにする。(費用もバカにならないしね)
WEEK DAYの疲れを癒すべく、いつも通り昼までだらだら寝過ごす。(^^;
昼からはビデオを見たりパソコンをしたりしたが、平穏な心境を保つことができた
また体調も復活し、特に異常は見られない。
ALTRULINEに感謝、感謝。m(_ _)m

6日目(1998/6/14)
今日は珍しく早く目が覚めて、10:00に起きる。
しかし、13:00頃から眠くなりぼーっとテレビを見る。
今日は本屋に行こうと思っていたが、あまりにもだるいので体温を測ってみると37.3℃の熱があった。がっくり。(T_T)
PROZACの時も微熱が出ていたので、僕の体はSSRIによって微熱が出る、という副作用が出るようだ。仕方なく寝込むことにする。
結局、夕食を取った時だけ起きてその後はずっと寝込んでいた。

7日目(1998/6/15)
今日は朝8:00に会社に行かなくてはならないので6:00に起きたが、死ぬ程きつかった。でもどうしても会社に行かなくてはならなかったので、6:00に起きて会社へ行く。
朝は熱はなかったが、あまりにきついのでクスリを飲むのは控える。
仕事をしていても体の重さは元に戻らない。仕事を早く終わらせて帰ろうと思っていたがなかなか終わらず、結局16:30に終わる。
帰宅後、熱を測ると37.1℃あり、まだまだ熱は引かないようだ。(;_;)
夕食後すぐに寝ることにする。

8日目(1998/6/16)
今日朝起きると体がめちゃ重い
熱はないが今日仕事をすると死にそうなので、休むことにする。
今日もクスリは控えることにする。
今日1日の大半は寝て過ごし、後は食事をし、少しテレビを見て早々に寝ることにする。
1日中寝ていたが、まだ完全には疲れは取れていない。

9日目(1998/6/17)
今日も朝起きるとめちゃだるい
しかし今日はとりあえず出社する。が、クスリは控えることにする。
今日は体は少しだるいが、精神的にはフツーといったところでどちらかというと感情の起伏がない感じがした。
仕事もそれなりにこなし帰宅する。
帰宅後は熱も少しあるかな、くらいで精神的には上昇傾向にあるようだ。(^^)

10日目(1998/6/18)
今日は体調が復活。(^^)/~
というわけで今日からクスリを飲むのを再開する
今日は特に高揚もなく、かといって不安もない1日だった。良く言えば平穏、悪く言えば抑揚のない1日という感じかな。
仕事も普通にこなし、帰宅後も心身ともに異常はなかった

11日目(1998/6/19)
今日も体調、精神面、特に異常無し
今日ふと振り返ってみると、以前はいつも心のどこかに「自分は必要とされていないのではないか」という不安とか「失敗したらどうしよう」という焦りとか「嫌われたらどうしよう」恐怖とかがあったんだけど、いつの間にか感じなくなっている自分に気がついた。
だからといって「すごく充実している」、とか「とにかく幸せ」ということもないんだけどね。
これもクスリのお陰なんだろうけど、自分が自分でないような、うつに苦しんでいた自分の方がリアルな気もしてくる。
まあ、でも他人に対して気後れするようなことがなくなり、自分に少しずつ自信が蘇ってきているようだ。
今日も1日、自信を持って顧客に設計書の説明を行い、問題なく終わらせることができた。以前であればもっと不安の中で、度々どもりながら説明していたのが、最近は流暢にスマートに説明できるようになった。
クスリによって自信を取り戻したがその代償としてリアルさを失ってしまった、というところか?

12日目(1998/6/20)
今日は土曜日としては珍しく午前中に起きて、昼飯を食べて図書館へ出かける。
今日は図書館で調べ物をするだけなので、クスリは飲まないことにする。
14:00くらいに図書館に着き、30分くらいあちこち歩き回って本を探していると突然に心の中に不安感が蘇ってくる。理由は全くない。ほんとに突然に、である。
「今ここで心配することはなにもないじゃないか」冷静になり自分に言い聞かせる。
漠然とした不安はその後1日中僕の心から離れることはなかったが、しかし特に恐れることもないので、とりあえず放って置くことにした。
これ以外は何の問題もなく、夕方からHOME PAGEの新しいページを作ったりしたが、珍しくいいフレーズがすぱすぱ思い浮かび、頭の回転はかなりいい方だった
9時からはワールドカップを見て一生懸命に応援したが惜しくも負けてしまい、がっかりして寝込んでしまった。

13日目(1998/6/21)
朝起きてみるともう11時。でもまだまだ寝足りない感じ。
12頃に起床。
今日はスーツを買いに行くつもりだったが、体がだるく少し寒気がする
とりあえずいくかどうか判断するために、14時頃に体温を測ってみると、37.3℃もある。結局行くのをとりやめ、家でじっとしていることにする。
しかしだんだんと熱は上がり、16時頃で37.4℃、17時頃で37.5℃にもなった。
でも思ったほど体はだるくないので、テレビを見たり、パソコンをしたりといつもと変わらない行動をする。
21:00頃には37.2℃まで下がり、23:30頃には36.8℃になる。
23:30に一旦ふとんに入るが、眠れないのでまた起きて結局1:30頃に再びふとんに入る。

14日目(1998/6/22)
昨日眠ったのが結局2:30頃で、今日の朝はとにかく眠い。が、なんとか起き出して会社に行く。
しかし何たる痛恨、あわてて家を出たためクスリを飲むのを忘れる。(^^;
今日はクスリを飲むのを忘れていたが特に何の問題もなかった。肉体的にも精神的にも対人的にも万事順調だった
しかし、なぜか家に帰ると理由なき不安が押し寄せてきた。3日もクスリを飲んでいないので遂にクスリが切れ始めたのか?
しかし家にいる限り不安になる理由はないので、とりあえずそのままやり過ごし明日忘れないようにクスリを飲むことを心に誓う。

15日目(1998/6/23)
今日は朝はそれほど眠くはないがあまり食欲がない
午前中は理由もなく不安だったが、午後から徐々に持ち直し、少し気分が盛り上がってくる
16:00くらいから気分が悪くなり、吐き気もしてくる
その後は徐々に気分も持ち直し、精神的にも落ち着いて仕事をする
19:00頃仕事を終え自宅へ帰る。帰宅後も特に問題は無く、精神的にも安定している。
やはり、クスリを飲んでいる方が精神的に安定するようだ。

16日目(1998/6/24)
今日はなぜかいつもよりも1時間も早起きしてしまった。時間に余裕があったので朝っぱらからネットサーフィンをする。(^^;
朝クスリを飲んで出社する。
今日は精神的、肉体的に特に問題はなく、快調だった。マイペースで仕事をし、マイペースで人と接することができる。こんな人の生活において基本的、初歩的なことができることが僕にとってどんなに快適なことか、この快適さをどんなに待ち焦がれたことか!!
ALTRULINE万歳 \(^^)/ なのだ。(僕にとってはPROZACよりも断然ALTRULINEなのだ)

17日目(1998/6/25)
今日の朝は眠いのにいつもよりも早く起きてしまう。(まあ、悪いことではないけどね)
朝はバタバタしていたためにクスリを飲むのを忘れてしまう。痛恨の極み(*_*)。飲むのを忘れれてしまった、という思いが僕の中の不安をさらにかきたてる結果となってしまった。
しかし会社へ行くといろいろと忙しくて、不安はかき消されてしまう。p(^^)q
今日は顧客との折衝の時に我々の不手際を厳しく追及されたが、あまりひるむことなく冷静に対処することができた
定時後、会社の同僚に誘われて麻雀に行く。
以前は周りのノリにまったく、全然、箸にも棒にもひっかからなかったのが、今日はみんなと同等にしゃべり、ぼけて、つっこんでいた
でも僕に対して言われたわけじゃなかったけど、ある人がばかづきで「お前変なクスリやってんじゃねえの」と冗談を言った時には、ドキッッッッッ、としてしまった。SSRIは変なクスリではないんだけど、もしこれを飲んでいることをみんなに知られたらどうしよう、会社での評価が下がるんじゃないか、と急に不安になってしまった。
麻雀で完全に周囲から浮いていたのがPROZACを飲み始めたきっかけだったが、ここまで回復したのもALTRULINEのおかげである。m(_ _)m

18日目(1998/6/26)
今日も割と早く起きる。会社の人から風邪をうつされて、声が出なくなってしまった。そのため、今日は人としゃべることができなかった。
とりあえず今日もクスリを飲む。
今日も不安は全くない。てきぱきと仕事もはかどる
風邪だからなのか食欲がなく、昼食をサンドイッチで済ます。 声が出ないこと以外は朝から寝るまで問題なし。No Problem! I am ALTRULINE!!(古い? (^^; ) なのだ。(∩_∩)

19日目(1998/6/27)
今日は土曜日なのでいつもなら昼頃起きるのだが、今日は珍しく10:00頃起床する。どうもこのクスリは早起きをさせる効果があるような気がする。
今日はクスリは節約して飲まないことにする。
最近仕事が忙しくので出社する。
会社には当然出社している人は少ないので黙々と仕事をこなす。周りに邪魔されないので集中して仕事をすることができるが、早起きしたせいかなんかだるーくて眠い感じもする。
精神的は落ち込むほどではないが、平均以下の状態とでも言おうか。積極的に何かをしよう、といった意欲はない。(-_-)
帰宅後もこれ以上良く悪くもならず、この状態が続いた。
なぜか21:00頃に突然眠くなり、21:30には就寝した。

20日目(1998/6/28)
昨日あまりに早く寝たせいか、早朝の3:30頃に目が覚め眠れなくなったので、ビデオを見て眠くなるまで待つ。7:00頃には再び寝て11:00頃にまた起きる。
今日もクスリは飲まないことにする。
今日はスーツでも買いに行こうかな、と思っていたが体が重い。体温を測ってみると37.1℃と微熱があるのでやめる。
昼はテレビを見てボーッと過ごす。(-_-)
精神的には昨日と同じような感じで、良い訳ではないがそれほど悪くもない。
夜になっても微熱は引かず、37.0℃〜37.2℃を行ったり来たりしている。 昼はそれほどでもなかったが、夜はあまり食欲がなく軽く済ませる。
明日は仕事なので23:00頃に寝ることにする。

21日目(1998/6/29)
今日も少し早めに起き、クスリを飲んで出社する。
今日は仕事がトラブル続きだったが、精神的にはパニクることなくいつも通りこなす。
熱もなさそうだし、食欲も普通、会話も積極的に交わすことができた。不安もない。
しかし夜になると急に疲れが出てきて、なんとなくあらゆることが億劫な気分になってきた。(この日記もちょっとその気分で書いている)
なんか疲れたのでまた明日。

22日目(1998/6/30)
昨日は忙しくて夜遅く帰ってきて寝るのも遅かったので、今日の朝は起きることができなかった。
朝は食欲がなかったので、朝食は取らずにクスリを飲んだ。
今日はなんか妙にテンションが高く、昼食時はあまりにも飛ばし過ぎて途中で疲れてしまった。(^^;
仕事も忙しいが順調にこなす。
今日は仕事が忙しくして夜遅くまで会社にいなくてはならなかったので、途中で周りの人と夕食に出たがその時も、普段あまり話をしない人となぜか話しが盛り上がったりした
帰宅後も好調を保ち、寝る。

23日目(1998/7/1)
昨日の寝るのが遅くて、朝起きれなかった
今日も朝食欲がなかったので、朝食は取らずにクスリを飲んだ。
なぜか今日は少しイライラしていて、通勤中に子供がむずがってうるさいことになぜか妙にむかついたり、ちょっとした他人の対応が気入らなくてイラつく。(そんなことはおくびにも出さないけど)
どうも今日はキレやすくなっているようだ。
ただ、一緒に昼食を食べている同僚との会話には、自分から話題を振りまきながら盛り上げることができた
帰宅後もなんかイライラしている。

24日目(1998/7/2)
今日も朝は眠く、食欲もあまりない。朝食は取らずにクスリを飲む。
今日はどちらかというとちょっとしたことが面倒くさく感じる。
実はこの日記を書くのもちょっと面倒くさくなってきている。
でも意外とサービス精神はあって、会社では会話を盛り上げたりしてた

25日目(1998/7/3)
今日も最近の傾向と同様で、眠い、食欲なし、空腹時にクスリを飲む、だ。
今日は時間が経つにつれて、とにかくイライラ、ピリピリしてくるのだった。ちょっとしたことで爆発しそうだった。下手すると勝てそうもない相手に喧嘩を吹っかけかねないな、と思った。(いつもだったら喧嘩なんて、すぐびびってしまうくせに)
でも意外と自分のどんな状態にあるかを自覚することはできたので、なんとか自制することができた
また、これまではなるべくタバコは吸わないように心掛けていたが(禁煙というほどではない)、今日はどうしても耐えられずに吸ってしまった。
クスリの量が多いからこうなるのかなー???
今日ふと思ったのは、こんなクスリ一つで気分や性格を変えられてしまうなんて、僕自身とは、僕の個性とは、僕の性格とはなんなのだろうか、そんなものはないのだろうか、と思ってしまった。昔、NHKスペシャルで見たアメリカ人の女性のように(僕とPROZACとの出会い参照のこと)このクスリを止めて元の自分に、苦しんではいるけど自分らしかった時代に戻りたい、というかその時代が懐かしい気がしてきたのだった。

26日目(1998/7/4)
最近は仕事が忙しく土曜日の今日も仕事に行かなくてはならないのだが、この一週間の疲れから朝はどうしても起きられず、昼前にやっとのことで起きる。
今日は土曜日なのでクスリは飲まない。
とりあえず朝昼飯(ブランチの日本語訳っす)を食べて、出社する。
でも平日のような緊張感がないので、気合が入らずとにかく眠くてだるい。仕事の能率も上がらずだらだらと作業をする。
なんとか今日すべきを仕事を終わらせ、帰宅する。
帰宅後も疲れが取れずだらだら過ごし、早々に寝る。

27日目(1998/7/5)
昨日まで仕事をしてしまったので、今日は体が鉛のように重く昼過ぎにごそごそと起き出す。昨日と同様、クスリは飲まない。
起きてからも半覚醒・半睡眠状態で、ボーッとしている。15:00頃から頭痛がしてきたので、頭痛薬を飲む。すると少しずつ頭が冴えてくる。
夕方からは平穏な心境、軽快な身体を保つことができ、久しぶりに爽快な気分を味わった。(^-^)
しかしこのところの傾向である食欲不振は今日も続き、特に夕食はなんか食べたい気はするが食べたくない、という相反する2つの感覚が脳内を、全身を駆け抜けている。

28日目(1998/7/6)
珍しく今日の朝は食欲があり、おにぎりを食べて出社する。
今日は気分が良い。(^-^) なんかほのぼのとした幸福感を感じることができる。
でも昼は全く食欲はなく、たまごサンドイッチで済ます。
昼を過ぎても精神的、肉体的にNo Problemで、仕事も順調にこなす。特に疲れも感じない。
周りとの協調性も保ち、違和感なく溶け込んでいる
夜も調子良く、気分は爽快で疲れも感じない
あまりに好調すぎて明日が恐い...。

29日目(1998/7/7)
今日は浅い眠りで、いつもよりも2時間も早く起きてしまう。どうも昨日の好調さが今日も続いている感じはするが、体は疲れている、でも脳の方が体よりも優勢で体が無理をしながら好調さを保っている感じだ。(この感覚は多分普通の人は分からないと思うので説明が難しい...)
今日は朝食を取ってクスリを飲む。
今日は1日中この調子で、疲れていて眠いんだけどなんかわくわくしている、という感じなのでどうすれば普通に戻るのか見当もつかない。
でもやっぱり疲れているようなので、早々に退社する。
帰宅後は寝不足の時特有の頭痛がする。でも頭痛薬は飲まずに早々に寝る。

30日目(1998/7/8)
今日は本当に食欲の無い1日だった。
朝は朝食を食べずにクスリを飲んで出社。
昼も食欲は無いのでフルーツサンドイッチで軽く済ます。どうも脂っこいものが特に受け付けないのようで、想像するだけで吐き気がする。
夜になってやっとのことで食欲が出てきて普通に食べることができた。
精神的な面は割と調子良く、ここのところの興奮による疲労は若干あるものの、テンションを高く保って賑やかに過ごすことができた
ただ、最近は便秘気味でなかなか出てくれない(笑)のが気がかりだ。

31日目(1998/7/9)
今日は朝作成しなくてはいけない資料があるのでいつもよりも早く起きたが、めっちゃ眠かった。今日は最近にしては珍しく朝食を取ってクスリを飲む。
出社後もこの眠さは収まらず、眠い中でなんとか気力を絞って仕事をする。
昼食も普通に食べるが、更に眠さとだるさは増してくる。
午後も資料を作成していたが、眠さとだるさに加えて遂に脳が働かなくなってきた
文章は思い浮かばないし、理解度は落ちていくし...。どうもここ数日脳が回転し過ぎたために脳神経が焼き切れてしまったような感じがする。その証拠に(なんの証拠だ?) 頭皮を触るといつもより熱い気がする。
夕方には打合せがあったのだが、全然集中できず頭も回転しないのでとりあえず僕は沈黙を保ち、打合せが終わったら速効帰宅した。
帰宅後はやるべきことを早々に済ませ寝た。

32日目(1998/7/10)
今日の朝は爆睡した。
このところテンションを上げ過ぎて疲れ気味なのでクスリは飲まないことにする。
仕事中に「自分は必要とされてないのでは」と不安がもたげたり、打合せでも反対の意見を主張するのが億劫になり沈黙していたりと、だんだんクスリの切れ始めて以前の自分に戻っていく感じがする。
夕方になるにつれて体は重くなり、帰宅後は何もしたくなくなる。実はこの日記を書くのも億劫で、気力を振り絞って書いているところなのだ(^^;。

33日目(1998/7/11)
今日は完璧にダウンしてしまった。体が動かない、起き上がれない、起き上がると強烈な立ち眩みがする、という三重苦 (>_<)。
昼過ぎに起きて昼飯を食べて熱を測ると微熱があるので、クスリは飲まずに再び布団へ直行 (^^;;。
夕方に起きるが相変わらず冴えない。夕食を食べてHOME PAGEを更新して寝た。

34日目(1998/7/12)
今日も昨日と同じく朝は体が動かない。しかし今日は買い物に行かねばならぬのでどうにか気合を入れて昼頃に起きる。でも心も体も重ーく沈んだままで、何もする気は起きない
とそこへ大阪の友達がこっちに来ている、という電話が入って今日会おうということになったので、テンションを上げるためにクスリを飲む。しかし全然変わらない。
とりあえず街へ買い物に行き、後で連絡があるという友達の電話を待つ。
しばらく買い物をしていると頭痛がしてくるので頭痛薬を飲む。しばらくすると頭痛は収まったがテンションは上がらない。
結局友達からの電話はなく、テンションを無理に上げようとした分だけ疲れてしまった。
街で夕食を食べて帰宅後、体が火照っているので体温を測ってみると37.4℃もあり、どよーんと落ち込む。(T_T)
明日朝のワールドカップ決勝をリアルタイムで見るために、風呂に入ってさっさと寝る

35日目(1998/7/13)
今日の朝は早く起きてワールドカップ決勝を見てまた寝る。いつもの時間に再度起きるがやはり眠い。
朝食に少々のフランスパンを食べてクスリを飲む。
でも今日はあまりテンションは上がらない。フツーといった感じ。
ただ熱はなく、それほどの不安も感じない
今日は早く帰れたのでHOME PAGE作成にいそしむ。

36日目(1998/7/14)
今日は出社後、朝食にサンドイッチを食べるもクスリを飲むのを忘れる (^^;。
昼頃にクスリを飲むのを忘れたのに気づき、飲む。
昼は食欲がないので14:30頃に遅れて食べる。
16:30からこれまであまり話したことの無い部長との面談で、始まる前はちょっと緊張したが始まってみれば饒舌にしゃべることができ、絶好調だった。これもクスリのおかげかな!?
夕方からはちょっと疲れを感じるも、なぜか帰宅後から気分が盛り上がり10:00頃からは何かしたい、という気分でいてもたってもいられなくなった。
12:00ころにふとんに入るも、なかなか寝付けなかった。

37日目(1998/7/15)
今日は朝早く目が覚めてしまい寝付けないので、一旦起きてネットサーフィンするも再び眠くなり二度寝してしまう。(^^;
その後はいつも通り起きて出社する。が、今クスリを飲むのを忘れたのを思い出す。(^^;;(毎日飲んでいると興奮状態が続き疲れるので、まあいっかと自分を慰めてみる)
今日も若干眠いこと以外は特に問題なし精神的、肉体的に安定している
夕方、夜になっても特に異常無し。たまにはクスリを飲まないのもいいかな、と思う。

38日目(1998/7/16)
朝はめちゃめちゃ眠い。朝食に昨日買ったチョココロネを食べるが、目の覚めていない僕の胃にはちょっとヘビーすぎた。
クスリを飲むのを忘れていたのを10:00頃に思い出しトイレでこっそりと飲む(^^;。
昼頃から次第に調子が出てきて、眠気も取れてくる
しかし、夕方から疲れが出始め惰性で仕事をこなす。20:30頃から打合せがあり、これが終わった時には疲れはピークに達する
打合せが終わるとそっこうで帰宅し、ボーッとして疲れを癒す。

39日目(1998/7/17)
今日もあまり食欲は無い。朝食を食べずにクスリを飲み出社する。
出勤途中に買ったたまごサンドイッチを会社で食べる。
今日は朝から夕方まであまりに忙しく、途中で頭がオーバーヒートして焼き切れるかと思うくらいだった。
ただ、精神的には疲れやストレスはあるが不安や恐怖はあまり感じない
今日は仕事が忙しく、夜遅くまで仕事をする。帰る頃には疲れて果てて頭も回転しなくなる。
帰宅後はテレビを見ながらボーッと何も考えないようにして疲れを癒し、寝る。

40日目(1998/7/18)
今日はいつも週末のように昼過ぎまで寝過ごす。
今日はどこにも行く気がしないので、家でHOME PAGE作成に没頭する。
精神的には良くもなく、悪くもなく、というところだろうか。いつもの週末のように淡々と過ごして1日を終える。

41日目(1998/7/19)
今日も昼頃に起き出し、昼食を食べる。クスリは飲まない。
髪が伸びてうざったいので美容院に行く。今日はあまり気分がのってる方ではないが、美容師さんとの会話はなんとかこなす
家に帰るとどっと疲れが出て、ちょっと頭が痛くなる
夜はボーッとして過ごす。

42日目(1998/7/20)
今日も昼頃に目が覚める。昨日は早く寝たので、かなりの時間寝たのだがまだ寝足りない感じがする。しかしこれ以上眠れないので仕方なく起きる。
とりあえず起きて昼食を食べる。クスリは飲まない。
今日もめちゃくちゃ体が重い。なんか体中に毒素が回っているような感じがする。
なんか考え事ををしていると、四苦八苦している自分や人生がなんか空しく、ばからしく思えてきて、何もしたくない気分に陥ってしまった。
とにかく疲れたので、早めに寝た。

43日目(1998/7/21)
今日は朝起きて朝食を食べずにクスリを飲み、出社後にいつものたまごサンドイッチを食べる。
仕事は特に問題なくこなす。心身共に問題なし
今日は麻雀をしたい!!、という気持ちが押さえ切れなくなり、会社の同僚を4人集めて麻雀を打つ。今日は初対面の人が1人、数回しゃべったことのある人が1人、なじみが1人だったけど、緊張すること無く普通に会話をして麻雀を楽しんだ
帰宅後、なんとなく微熱っぽかった。

44日目(1998/7/22)
朝は昨日の微熱と疲れが残っていて、体が重く起きることができなかった。体温を測ってみると36.9℃あり、午後から会社に行くことにした。
結局昼頃に起きて、クスリを飲んで出社した。全然食欲がないので、いつものたまごサンドイッチをだけを食べた。
会社でも調子は戻らず非常にだるいが、それでもそれなりに仕事をこなし、なぜか周囲に愛想振りまいていた。(^^;
今日は早々に帰宅し体温を測ってみるとやはり36.9℃と微熱があるので、早々に寝ることにする。

45日目(1998/7/23)
今日も昨日と同じ状態で朝起きれず、体温を測ってみると36.9℃あり、午後から会社に行くことにした。今日はクスリを飲まないことにする。
会社でもだるくて、とりあえず仕事をしている、といった状態で効率悪し。
定時になると速攻で帰って体温を測ると37.1℃もあるので、夕食を食べてすぐに寝た。

46日目(1998/7/24)
昨日は早く寝たので、今日は昨日より体調は少し良いがちょっと遅く出社する。
今日も体は重く、食欲も無い。今日もクスリは飲まないことにする。
それなりに仕事をこなすが、夕方になってめちゃめちゃ疲れが出てきたので定時過ぎに退社した。
帰宅して体温を測ると今日も37.0℃と微熱がある。
でも今日は金曜日なので、疲れているがHOME PAGE作成に励む。(^^;

47日目(1998/7/25)
今日はいつも土曜日のように昼頃に起き、クスリは飲まないことにする。
昨日までの疲れは解消され、今日は心身共にリフレッシュした感じがする。体は軽快だし、頭も平均以上に回転している
今日は家でたまったビデオを見て、持ち帰った仕事をする。
今日はあまり思い悩むことのない、ストレスのないの1日だった。

48日目(1998/7/26)
今日も昼頃に起き出し、クスリは飲まなかった。
昼過ぎに出掛けて買い物をする。しかし全く調子は良くない。イライラと無感情が入り交じったような感じだった。
これまでの経験から推測すると、遂にクスリが切れたらしい。禁断症状が出るわけではないが、自分の力ではどうにも気分を上向きにすることができない。クスリが切れると昔の自分の状態、つまり喜怒哀楽を忘れてしまったかのように無感情の状態に陥ってしまうのだ。今日を含めて丸5日も飲んでいないので無理もないか。
まだあと1錠残っているが、これは記念に残しておいて、明日からはまた別のクスリを飲み体験記を報告するので、皆さん請うご期待。(何を飲むかは明日のお楽しみ




line1.gif

BACK