SSRIってなに?

line1.gif


SSRIとは Selective Serotonin Reuptake Inhibitorsの略で、新世代の抗鬱剤(こううつざい)の一群を指すんだ。でもSelective Serotonin Reuptake Inhibitorsでは何のことかさっぱりわからないので、それぞれの単語を説明しながらSSRIとは一体なんなのか説明しよう。

まず2番目の単語であるSerotonin(セロトニン) について説明しよう。このセロトニンが最も重要な単語なのだ。セロトニンは脳内物質の一つで、脳内物質にはそのほか「ドーパミン」、「アドレナリン」、「ノルアドレナリン」、「ギャバ」といったものがあるんだ。
これらの物質はシナプス(脳神経細胞の継ぎ目にわずかな隙間があり、この隙間のことをシナプスという)の間を流れていて、情報の伝達を行っている。脳内物質を放出する側をシナプス前部、吸収する側をシナプス後部という。情報の伝達にはシナプス後部にレセプター(受容体)と呼ばれる"口"があり、ここから脳内物質が取り込まれ情報が次の細胞へ伝わるが、取り込まれなかった脳内物質はシナプス前部にあるトランスポーターという"口"から再吸収され、脳内物質は再利用されるのだ。

Serotonin以外の単語の意味は、Selectiveは"選択的に"、Reuptakeは"再吸収"、Inhibitorsは"抑止物質"という意味である。
つまりSSRIとは"セロトニンに対して選択的に作用し、セロトニンがトランスポーターから再吸収を邪魔する物質である"と訳すことができる。(一般的には"選択的セロトニン再吸収阻害物質"と訳されている)
でもまだよくわからないので脳内細胞の動きを詳しく説明しよう。通常シナプスに放出された脳内物質はレセプターから吸収されたり、トランスポーターから吸収されてしまう。このため、脳内物質は次に放出されるまではシナプスから徐々に減っていく。
しかしSSRIは、セロトニンを放出するシナプスにのみ"選択的に"作用し、シナプス前部にあるトランスポーターからの"再吸収"を"抑止"する"物質"である。トランスポーターからの再吸収を抑止することによりシナプス中のセロトニンの濃度が上がり、レセプターからセロトニンが吸収されることが多くなるのだ。

鬱状態にある人はシナプス中にセロトニンが少ししか流れていないが、SSRIによってシナプス中のセロトニン濃度が上がることにより憂鬱な気分や暗い性格が修正され前向きな思考ができるようになり明るくなると言われているんだ。しかし正確なところはまだ解明されていないので今後の研究に期待しよう。

SSRIの中でもPROZAC(プロザック)はEli Lilly社が1988年にアメリカで認可されたSSRIの一つで、発売後に爆発的な人気を呼び、世界中で2000万人以上の人々が使用していると言われているのだ。アメリカでは、落ち込んでいる、気分が重いという軽い患者にも処方され、"魔法のクスリ"として多くの人々が服用している。また、厳しい競争社会を生き抜くビジネスマンが「明るくなる」「積極的になれる」という評判から服用することもあるようだ。

1999/5/25、日本でも遂に待ちに待ったSSRIの発売が開始された
藤沢薬品からルボックス、明治製菓からデプロメールという製品名で成分名はどちらもフルボキサミン。
精神科・神経科による処方により入手することが可能で、保険が適用されるので個人輸入よりも安く上がるのが何よりうれしい。
しかし残念ながら、PROZACを始めとするその他のSSRIの発売の予定は立っていないのが現状でである。



line1.gif

BACK