トレドミン服用体験記

line1.gif

2000/12/16からトレドミン服用体験記を連載します。
フランスのピエールファーブル メディカメン社で開発されたiXELと同一成分の抗鬱剤を、日本では旭化成工業とヤンセン協和が「トレドミン」という名称で先日発売したものです。
トレドミンの成分名はミルナシプランで、SNRIに属します。
トレドミンの特徴について、旭化成工業・ヤンセン協和は以下のように説明しています。

『現在、うつ病・うつ状態の治療には、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬およびSSRIなどが用いられておりますが、これらの薬物は抗うつ薬特有の抗コリン作用や心毒性、悪心・嘔吐などの副作用発現が問題とされています。「トレドミン錠」は、現在、主に用いられている三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬と同程度の効果が認められ、かつ効果発現の早いこととSSRIと同程度の安全性が期待される新世代の抗うつ薬です。』

今回服用するトレドミンの1錠の成分量は25mgのものです。
下のカレンダーの日付の下の数字はその日に飲んだトレドミンの錠数です。


12月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT










1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16
1
17
2
18
1
19
2
20
1
21
1
22
1
23
2
24
2
25
2
26
1
27
2
28
1
29
1
30
1
31
2












1月
SUN MON TUE WED THU FRI SAT


1
2
2
2
3
2
4
2
5
2
6
2
7
2
8
2
9
2
10
1
11
2
12
2
13
2
14
1
15
1
16
1
17
2
18
2
19
1
20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31























1日目(2000/12/16)
今日の午後の精神科での診察でトレドミンが処方されたので、その帰りに夕食を食べ、早速1錠飲んでみることにする。
帰宅後、疲れからなのか、副作用なのか、頭痛がしてくるので、頭痛薬を飲む。
また、以前にiXELを飲んだ時に感じた吐き気を感じたが、iXELの時よりは全然軽く、しばらくすると治る
その後は心身共に大きな変化はなし。
眠剤を飲み、いつもの時間に就寝。

2日目(2000/12/17)
今日も朝は起きれず、昼になってやっと起きる。
昼食後、トレドミンを1錠飲む。
午後は年賀状の作成に取り掛かる。
夕方にだいだい出来上がる。
なんか眠くなってきたので、ちょっと寝る。
夜になって起きて、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
副作用なのか、微妙に気分が悪く、だるい
トレドミンの効果は、今のところ特になし。
眠剤を飲んで、早めに寝る。

3日目(2000/12/18)
早めに起きて、顧客先へ直行。
朝は慌てていて、トレドミンを飲むのを忘れる。
先週の金曜に発生したトラブルの調査を行う。
しかし、調査した限りでは何の問題もなく、原因は未だ不明。
昼にオフィスに戻る。
午後、仕事を開始するも、なんかだるく、熱を測ると37.2℃
とにかく仕事は進めなければならないので、打合せを2つやって、夕方になる。
更にだるさは増し、仕事ができる状態にないので、仮眠室で一旦寝る。
2時間ほど寝るが、あまり体調は回復せず、帰宅することにする。
帰宅後、熱を測ると36.9℃とやはり高め
夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
寒気もしてくるので、眠剤を飲んで早めに寝る。

4日目(2000/12/19)
朝は早めに起きて、トレドミンを1錠飲み、今日も顧客先へ直行。
トレドミンの副作用か、満員電車の中で、気分が悪くなり、ちょっと吐き気もする
顧客先へ到着すると、気分の悪さ、吐き気は大分治まる。
今日は違う方法で調査を行い、やっとトラブルの原因を突き止めることができ、精神的な重荷が取れ、ほっとする
午後にオフィスに戻り、仕事を開始。
久々に自分の仕事に集中することができる。
あまり体調は良くないので、残業はそこそこにして帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
夜は特に副作用は出ない。
これまでのところ、これといった精神的な改善も見られない。
眠剤を飲んで、早めに寝る。

5日目(2000/12/20)
朝は非常にだるく、胃も痛く、起きることができないので、遅めに出社。
胃が痛く、気分も悪いので、トレドミンは控える。
午前中はメールをチェックし、仕事の進み具合を確認する。
あまり体調は良くないので、昼は一人でさっさと食べ、仮眠室で寝る。
ちょっと寝ることができ、少しだけ体調は戻る
午後は2つの打合せをやって、その合間にこのところ溜まっていた事務作業を進める。
まだ残業をできる体力もなく、ほどほどで帰宅。
帰宅後、熱を測ると36.9℃あり、ちょっと高め
夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
トレドミンを飲んで約1時間後、なんとなく気分が悪い感じがする。
眠剤を飲んで、今日も早めに寝る。

6日目(2000/12/21)
たくさん寝たお陰で、朝起きると体調は大分回復している
気分が悪くなるのが嫌なので、朝はトレドミンを飲まず出社。
午前中は海外の業者からのプレゼンを聞く。当然話しは英語で、消化不良は否めない。
午後は順調に仕事をこなしていく
精神的には良くもなく悪くもなく。
夜になると疲れが出始め、そこそこ残業して帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
やはり、トレドミンを飲んで30分後に、我慢できる程度ではあるが気分が悪くなる
眠剤を飲み、いつもの時間に就寝。

7日目(2000/12/22)
いつもの時間に起きて出社。今日の朝も副作用が嫌でトレドミンを飲まない。
午前中は、明日のシステムのリリースのリハーサルを行う。
特に問題なく、作業を完了。
昼は課長以下6人で昼食へ。しかし、会話障害に陥ったようで、会話のフレーズが頭に浮かばず、会話に参加できず
午後は明日のシステムのリリースの準備を行う。
周囲は楽しそうに会話しているものの、僕は相変わらず会話障害で、会話に参加できない
夜はそこそこ残業して、年末年始を乗り切るためにいつもの精神科へ。
珍しく空いていて、少し待つと診察。トレドミンの副作用を訴え、パキシルを処方してもらうようお願いしたが、そこの病院はまだパキシルは扱っていない、ということで、とりあえずトレドミンを続けることにする。
帰宅途中に夕食を食べ、帰宅後にトレドミンを1錠飲む。
トレドミンを飲んで約30分後、トレドミン特有の気分の悪さに襲われる
眠剤を飲んで、ちょっと遅めに寝る。

8日目(2000/12/23)
昼前に起きて、昼食を食べ、顧客先のマシンルームへ向かう。
その途中の電車の中でトレドミンを1錠飲む。
今日は午後から顧客先へのシステムのリリースを行う。
絶対にミスを冒すわけにはいかない、という緊張感の中で作業を進める。
夕方に一通りの作業を完了し、いざテストを行ってみると、2ヶ所正常に稼動しないところがある。
大慌て問題点を調査し、1ヶ所はその場で問題点を見つけ解決するが、1ヶ所はどうしても分からず、持ち帰ることにする。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
今日はトレドミンを2回飲んだが、どちらも副作用を感じなかったのは良い感じである
精神的には、少しずつ回復しているような、していないような。
眠剤を飲んで、ちょっと遅めに寝る。

9日目(2000/12/24)
今日はちょー爆睡。12時間以上も寝てしまう。
昼過ぎに起きて、昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後は年賀状の作成、印刷に取り掛かる。
今日はクリスマス イブということだが、特別なことは何もせず、ケーキだけ食べる。
夕食後、トレドミンを1錠飲む。
夜中まで掛かって、年賀状の裏面の印刷までは終わる。
今日もトレドミンの副作用は出なかった。大分、慣れてきたということであろうか。
眠剤を飲んで、いつもの時間に寝る。

10日目(2000/12/25)
朝は早めに起きて、顧客先へ直行。
朝にトレドミンを飲むと、朝食も食べていないこともあり、また気分が悪くなりそうなので食べない。
顧客先のマシンルームで、システムの稼動状況を見守る。
特に問題ないので帰社。その途中に昼食を食べる。
昼にオフィスに戻る。とりあえずトレドミンを1錠飲む。
午後、早速顧客からの電話があり、いろいろ無理難題を押し付けてくるので、気分を害する
更に夕方に課長からの今年の能力評価の結果を知らされるが、内容が能力的な問題ならまだしも、性格的な部分を含む悪い内容を伝えられ、しかもそれが当たっているだけに更に落ち込む
そこそこ残業して帰宅。
帰宅途中、能力評価に関しては忘れよう、忘れようと心の中で念じるも、その時の感情は残り続ける。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
副作用はないものの、重い気分は一向に改善されない
眠剤を飲んで、いつもの時間に就寝。

11日目(2000/12/26)
朝は早めに起きて出社。
今日は終日、顧客のテスト対応。
トレドミンは、朝はあえて飲まなかったが、昼は飲み忘れる。
顧客のテストは、大きな問題もなく、今日のところは終了。
その後、社内の打合せを1つやって、自分の仕事に取り掛かる。
周囲は楽しそうに話しをしているが、そのノリについていけず、とりあえず黙々と仕事をする。
黙々と仕事をしていると、なんか自分が無能に思えてきて、どんどん落ち込んでいく
割と遅くまで仕事をして帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
帰省する準備をして、眠剤を飲んで、遅めに寝る。

12日目(2000/12/27)
朝はいつもの時間に起きて出社。
どうも最近気分が冴えないので、レキソタンとデパスを1錠ずつ飲む。
最近、かなり凹んでいたが、今日は負けるものか、という意気込みで仕事に取り組む。
いつも、してやられている顧客との電話でも、とにかくしゃべりまくって、これまで7:3くらいで劣勢だった感じを、5分5分くらいに戻す。
昼食後、トレドミンを1錠飲む。
夕方に顧客が来て、昨日のテストの続きを行う。
1時間程度で、特に問題なく終わる。
少し残業して帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
夜は年賀状の宛名の印刷、一言コメントを書き入れ、やっと終える。
眠剤を飲んで、いつもの時間に寝る。

13日目(2000/12/28)
朝は胃が痛くて起きられず、遅めに出社。
午前中は昨日僕が出した指示がまずく、それを取り戻すのに費やされる。
午後は顧客との重要な打合せがあり、昼食を大急ぎで食べ、顧客に負けないようにトレドミンとレキソタンとデパスを1錠ずつ飲む。
顧客との打合せでは、部長と営業と僕で伺い、主に僕が顧客と折り合っていないところを重点的に説明する。
一時的にやばい場面もあったが、なんとかそれを切り抜け、こちらの持って行きたい方向に話を進め、大成功に終わる
夕方に帰社。残作業を終わらせ、課対抗ボーリング大会に向かう。
ボーリングの結果発表は、2次会の飲み屋で行なわれる。
ボーナス得点を加算した結果、個人の優勝はなんと僕だった。(^-^)
課の優勝も僕の課で、完全勝利であった。
課長が飲みに行こうというので、3次会、4次会も付き合う。
帰宅したのは深夜3時。
風呂に入って、さっさと寝る。

14日目(2000/12/29)
朝はちょっと遅めに起きて出社。
今日は仕事納めで、席替えの日となっているので、荷物の整理、移動をする。
会社は3時から納会があって、三々五々帰ることになっているが、実家に帰る飛行機を夕方の便で予約しているので、昼過ぎに帰宅する。
それから急いで準備して、羽田空港に向かう。
羽田空港は非常に混雑していて、特に手荷物のセキュリティーチェックには長蛇の列となっている。
ゆっくりおみやげを選んでいるような時間もないので、その列に並んで、とにかく中に入ることを優先する。
出発時刻には間に合い、搭乗。
飛行機は経費削減なのか、雑誌は置いていないは、お菓子もないは、なんだか味気ないものだった。
どちらにしても、疲れていて飛行機の中では寝ていた。
実家に到着したのは夜。
久々に両親を見て、また一段と老いたな〜、と思った。
実家での2年ぶりの夕食を食べる。
夕食後、トレドミンを1錠飲む。また、頭痛がしてくるので頭痛薬も飲む。
夜はテレビを見て過ごす。
たまには眠剤を飲まないのもいいかと眠剤は飲まず、いつもの時間に就寝。

15日目(2000/12/30)
昼頃に起きて、昼食を食べる。
気が抜けているせいか、トレドミンを飲むのを忘れる。
午後は、昔よく歩いた街の繁華街を歩く。
昔に比べると、街はさびれていて、人通りも少なくなっている。
夕方に帰宅。
帰宅後、眠くなったので、2時間くらい寝る。
起床後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、遅めに寝る。

16日目(2000/12/31)
昼頃に起きて、昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後は、面白くもないテレビの特番をだらだら見ている。
夜は、紅白歌合戦を見るのが、実家のしきたりなので、仕方なく見る。
紅白を見ながら、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
4時間以上も紅白を見ていると、最後の方ではどうでもよくなり、とにかく疲れる
紅白が終わって、年越しそばを食べる。
眠剤を飲み、遅めに寝る。

17日目(2001/1/1)
10時くらいに起きて、家族で新年の挨拶をして、おせち料理とお雑煮を食べる。
食後、トレドミンを1錠飲む。
どうも気分が落ち込み気味なので、デパスを1錠飲む。
午後は初詣に行く。
お参りして、おみくじを引くと、小吉だった。
帰宅後は、面白くもない正月番組を見る。
夕食に、おせち料理の残りとお雑煮を食べ、トレドミンを1錠飲む。
夜も、だらだらと面白くもない正月番組を見る。
気分的には、大分落ち着いてくる
眠剤を飲んで、いつもの時間に寝る。

18日目(2001/1/2)
昼前に起きて、昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後は、こっちでうまいという、ラーメン屋に行ってくる。
夜はまた正月番組を見ながら夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
相変わらず、トレドミンの効果は感じない。副作用も感じなくなったが。
今日もなんてことはない1日だった。
眠剤を飲んで、いつもの時間に寝る。

19日目(2001/1/3)
早朝に起きて、朝食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
出発の準備をして、飛行場へ向かう。
昼前の便で東京へ向けて出発。
2時頃に羽田に到着。
それから昼食を食べたり、移動したりして、夕方に自宅に到着。
久々に自宅に戻り、ほっとする
夜はテレビを見ながら夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、いつもの時間に就寝。

20日目(2001/1/4)
昼前に起きて、昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
正月休みは今日が最終日。
午後は取り溜めしたビデオを見る。
夜もビデオを見ながら、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
取りたてて何もない1日だった。
眠剤を飲み、いつもの時間に寝る。

21日目(2001/1/5)
いつもの時間に起きて出社。
午前中は、去年の仕事納めの席替えを途中にして帰宅したので、机の整理、PCのセットアップ等を行なう。
昼食後、トレドミンを1錠飲む。
午後から徐々に仕事を開始する。
今日はリハビリ程度に仕事をして、定時で帰宅。
夕食後、トレドミンを1錠飲む。
トレドミンの効果・副作用、共になし。
眠剤を飲み、いつもの時間に就寝。

22日目(2001/1/6)
昼頃に起きて、昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後は年末年始にとったビデオを消化する。
夜もビデオを見ながら、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
ただビデオを見ていた1日だったが、なんとなくだるい
眠剤を飲み、ちょっと遅めに寝る。

23日目(2001/1/7)
今日も昼頃に起きて、昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後は、なんとなく高校サッカーを見る。
夕方はネットしたり、本を読んだり。
心身共に良くもなく、悪くもなく。
夜もなんとなくテレビを見ながら夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、いつもの時間に寝る。

24日目(2001/1/8)
昼前に起きてみると、外は雪が積もっていて、非常に寒いので、今日も家で過ごすことにする。
昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後は高校サッカーを見ながら、年賀状を送ってない人から来たものに対しての年賀状を作成する。
なんかソフトの調子が悪く、全然先に進まないので、イライラする
夕方にはなんとか完成させる。
夜は夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
食後3時間くらい経って、久々にトレドミン特有の気分の悪さを感じる
眠剤をのみ、明日からの仕事に備え早めに寝る。

25日目(2001/1/9)
いつもの時間に起きて出社。
また休みボケになっていて、とりあえずメールチェック等を行う。
新しい課での初めての課会がある。
昼食を新しい課のメンバーと食べに行くが、僕自身は会話度低い
どうも調子が出ないので、昼食後、トレドミンとレキソタンを1錠ずつ飲む。
午後に入ると、顧客からの電話が相次ぐ。
しかし、どうしても頭が回転せず、応対に四苦八苦。
頭痛がしてくるので、頭痛薬を飲む。
夕方になると更に症状は悪化し、仕事が手につかなくなったので仮眠室で寝る。
1時間ほど寝るが、全然回復しないので、帰ることにする。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、早めに寝ることにする。

26日目(2001/1/10)
朝起きると胃が痛いので、胃薬を飲む。いつもの時間に出社。
午前中は顧客からの仕事の催促の電話があり、とりあえずそれを片付ける。
昼食は8人もの大勢で食べに行く。まあまあ会話に参加している
昼食後にトレドミンを飲もうと思っていたが、飲むのを忘れる。
午後は集中して仕事に取り組むことができる
今日は家で仕事をすることにして、割と早めに帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、仕事に取りかかる。
2時間ほど仕事をして、終わってからトレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、遅めに寝る。

27日目(2001/1/11)
朝起きると今日も胃が痛く、胃薬を飲む。
いつもより早めに起きて、顧客先へ直行。
午前中は顧客との打合せ。特に問題なく終了。
途中で昼食を食べ、午後はオフィスに戻り、トレドミンを1錠飲む。
こまごまとした作業が山積していて、一つ一つ片付ける。
寝不足からか、夕方になると頭痛がしてくる。
夜になると、僕にしては珍しく、多くの人に声を掛けたりしている
そこそこ残業して帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、いつもの時間に寝る。

28日目(2001/1/12)
いつもの時間に起きて出社。
明日のシステムリリースに備え、準備を行う。
昼食後、トレドミンを1錠飲む。
午後に入って、準備も一段落しほっとしていると、顧客からの電話。
またまた面倒なことを言ってきて、相手の気持ちを逆なでしないようにしながらも言うべきところでは主張し、その説得に1時間も掛かり疲れる
今日はそこそこで仕事を切り上げ、今月から入社した転職者の歓迎会に行く。
最初は人数も少なく、あまり面識のない人もいて、居心地悪い
途中から人数も増え、多少雰囲気も良くなり、多少しゃべりやすくなる。
明日は仕事なので1次会で切り上げる。
帰宅後、トレドミンを1錠飲み、HPを更新し、眠剤を飲んで寝る。

29日目(2001/1/13)
いつもと同じように起きて、顧客先のマシンルームへ向かう。
その途中の電車の中でトレドミンを1錠飲む。
細心の注意を払い、システムのリリースを行う。
頭が重く、頭痛がしそうな気配を感じ、頭痛薬を飲む。
当初の予定では3時くらいには終わる予定であったが、作業に手間取り夜まで掛かる。
とりあえず、無事作業を完了する
帰宅後、取り溜めしたビデオを見ながら夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、いつもの時間に寝る。

30日目(2001/1/14)
今日もいつもと同じように起きて、顧客先のマシンルームへ向かう。
顧客と共に、システムの稼動確認を行う。
朝から頭痛がするので、頭痛薬を飲む。
当初順調にいっていたが、重大なトラブルが発生
表面上は冷静を装い、システムの稼動確認と平行して、大慌てでトラブルの復旧を試みる。
昼にトレドミンを飲もうと思っていたが、トラブルで忘れてしまう。
午前中には原因は判明し、その対応、テストを入念に行う。
トラブルがなければ昼過ぎに帰れるところが、結局夜までかかってしまう。
帰宅後、溜まっているビデオを見ながら夕食を食べる。
夕食後にトレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、いつもの時間に就寝。
31日目(2001/1/15)
いつもより早く起きて、今日も顧客先のマシンルームへ。
システムの稼動状況を確認しながら待機するが、今日はトラブル無く、待機は午前中で終了。
昼過ぎにオフィスに戻る。
オフィスに着くと、どっと疲れが出てくる
熱を測ると、37.3℃ある。
しかし、夕方から打合せが入っているので、仕方なく仕事を続ける。
夕方から1時間ほど、社内の打合せを行い、多少残業をして帰宅。
帰宅後、熱を測ると36.9℃と相変わらず高い
夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、いつもの時間に寝る。

32日目(2001/1/16)
とりあえずいつもの時間に起きるも、非常にだるく、起き上がれない
しかし、今日中の仕事があるので、午後出社として寝る。
昼前に起きて、出社。
出社後、トレドミンを飲もうと思っていたが、持ち合わせがなく飲まず。
午後は今日中に顧客に提出する資料を作成してメールで送り、後は各種調査を行う。
夕方、熱を測ると36.9℃と微熱気味
今日はそこそこで仕事を切り上げ、帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
精神的には良くもなく、悪くもなく。
眠剤を飲み、早めに寝る。

33日目(2001/1/17)
今日も朝起きると非常にだるく、起き上がれない
休むわけにもいかないので、午後出社とする。
昼前に起きて、出社。
途中で昼食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
午後はぼちぼちと仕事をする。
夕方に顧客からクレームの電話があり、意見が真っ向から対立する。
電話の後は非常に気分が悪い
かなり遅くまで残業し帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
ずーっと気分が悪いのが引きずっているので、レキソタンを1錠飲む。
眠剤を飲み、さっさと寝る。

34日目(2001/1/18)
いつもの時間に起きて出社。
午前中は昨日の気分を引きずっていて、気分が重い
昼は食欲が無く、一人で軽く食べる。
昼食後、トレドミンとレキソタンを1錠飲む。
午後に入ると精神的にも安定してきて、仕事にも集中できる。
夕方からは社内の打合せ。
打合せ後も仕事を続ける。
結構遅くまで仕事をして帰宅。
帰宅後、夕食を食べ、トレドミンを1錠飲む。
眠剤を飲み、とっととねる。

35日目(2001/1/19)
いつもの時間に起きて出社。
午前中は午後の打合せ用の資料を作成する。
時間が無いので、急いで昼食を食べ、トレドミンとレキソタンを1錠飲む。
午後からは顧客との打合せ。まあ無難にこなす
打合せは早めに終わったので、会社に戻る途中にある精神科に行く。
やっとパキシルが入ったということで、トレドミンと変えてもらう。
夕方に帰社。
月曜日に顧客に提出する資料の調査・作成でなかなか帰ることができない。
かなり遅くに帰宅。
帰宅後、テレビを見ながら夕食を食べる。
眠剤を飲み、遅めに就寝。
トレドミンは、副作用はあったが、効果はほとんど感じない、という結果だった。




line1.gif

BACK